Skip to content

中古のパソコンパーツを利用して自作する時の注意点

パーツを組み合わせることで自作ができますし、世界に1つしかないマシーンにすることもできる魅力が自作にはあります。

但し、パソコンに詳しくない人がパーツを購入してオリジナルマシーンを自作することは難しいため、詳しい人から色々なアドバイスを受けることが大切です。パソコンに使用が行われている部品は、それぞれがユニットになっているため半田ゴテを使って組み立てを行うわけではありません。このユニットのことをハードウェアと呼び、ハードディスク・電源ユニット・DVDなどのドライブ・マザー基板などが中心です。

マザー基板にはCPUやメモリなどを装着し、CPUが高温度になるのでファンモーターを取り付けることを忘れないようにしましょう。これらのパソコンパーツが揃い、ケースを購入すればオリジナルマシーンを作ることができるわけです。パソコンパーツは新品だけでなく、中古品もありますので予算が足りない時などの選択肢にも使えます。しかしながら、中古品のパソコンパーツは信頼性が不安だと感じる人も多いと言えましょう。

ハードディスクなどは消耗品として考えておきたいパーツですが、DVDドライブやCPU、メモリなどのハードウェアはハードディスクとは異なり耐久性も高いですし、マザー基板も拡張性が高いボードでも価格が安いなどのメリットもあります。尚、マザー基板に取り付けるCPUはボードとの相性があるため、中古品を選ぶ時にはCPUが取り付けられているものを選ぶ方法もお勧めです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *