Skip to content

パソコンは自分で組み立てると利用度が上がります

今の時代にパソコンは欠かせない道具です。

仕事はもちろんですが、プライベートにおいてもいろいろな場面で活用しますと、生活を便利にすることができます。ニュースでは「スマホが登場してからパソコンの活用度が減少した」などと報じていますが、画面の大きさまでを考えますとやはりパソコンのほうが数段便利です。先のニュースの関連で、今の若い人は10年前の若者に比べてパソコンの習熟度が低く、それが企業にとって問題点と指摘する記事がありました。

この記事からわかることは、スマホは使いやすいですが、利用度という面においてはパソコンのほうが優れていることです。だからこそ、企業は問題点と感じているのでしょう。それほど役に立つPCですが、若い人の利用頻度が減っているのが現実です。もちろん、この現象は決してよいことはなく、改善する必要があります。それを解消する方法の一つは自分で組み立てることをもっと訴えることです。スマホは自分で作ることはほとんど不可能です。単純に大きさの面で言いますと、精密機械ととらえられますので素人が手を出すのは不可能です。

それに比べますと、PCは適度な大きさですので自分で組み立てることは簡単です。「簡単」は少し言い過ぎかもしれませんが、「難しくない」とは言えます。そのように断言できる一番の理由はPCは部品の集まりに過ぎないからです。強いて「難しい」とするなら、部品同士をつなげることでしょうか。しかし、それも説明書などを丁寧に読むなら誰でも解消することができ、組み立てることは可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *