Skip to content

自作パソコンのいいところ

スマートフォンが普及するにつれてパソコンの利用度が減っているそうですが、「使い勝手」の面で考えますとパソコンのほうが断然に勝っています。

画面の大きさがその理由ですが、例えば、文章を書いたり表計算を使ったりするときにスマートフォンでは現実的はありません。このようにパソコンは便利ですが、価格が高いことが難点です。スマートフォンは安いものですと1万円くらいからありますが、パソコンではあり得ません。市販されている平均で言いますと、7万円前後が一般的です。しかし、そのパソコンを安くする方法があります。それは自作することです。

「PCを自作する」を言いますと驚く人がいます。そのような人が必ず質問するのは「あなた、理系の人?」です。しかし、今の時代は「理系の人」でなくてもPCを自作することは可能です。なぜなら、PCは部品の集合体に過ぎないからです。部品を説明書どおりに接続するなら誰でも作ることはできます。PCを自作するメリットは言うまでもなく「安く手に入れられる」からですが、それ以外にもメリットがあります。それは調子が悪くなったときに自分で対処できることです。また、性能を上げることもできることです。

PCも機械ですから時間とともに劣化する部品が出てきます。そうしたときにも自作していますので部品を交換することができます。性能を上げるのも同様です。使っているうちに少し「物足りなさ」を感じたときに性能をアップすることを自分でできます。一番多い場面はメモリの増設です。最近のゲームはアニメーションが高度になっていますのでかなりの容量のメモリを必要とします。そうした場合でも自分でメモリを増やすことを簡単にできます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *