Skip to content

パソコンの組み立てに必要な道具とあると便利な道具

パソコンの組み立てにはドライバーが欠かせません。

基本的にはプラスドライバーを使用しますが、CPUクーラーの取り付け等ではマイナスドライバーを使用することもあるので、複数のドライバーがセットになったものがあると便利です。トルクスドライバー等の特殊なドライバーが必要になることはないので、プラスとマイナスがあればすぐにパソコンが組み立てられます。ドライバーを購入する際には通常のタイプよりも、マグネットタイプが最適です。パソコンの組み立てはとても細かい作業なので、パーツとパーツの隙間にネジを落としてしまうこともあります。

細かい部分にネジが落ちると拾うのに苦労しますが、マグネットタイプであればネジがドライバーの先に付くので簡単に拾うことが出来ます。ネジを拾うだけでなく、ケースにパーツを入れる前に動作確認をしたい場合等にも、マグネットタイプであれば基盤をショートさせて電源を入れることができて便利です。磁気を帯びたマグネットタイプでも、パソコンを組み立てる際にトラブルが起こることはないので、安心して使用出来ます。

またケーブルバンドや結束バンドは、絶対に必要ではありませんがあると便利です。ケーブルをまとめたい場合にケーブルバンドや結束バンドを使用すれば、ケーブル類をきれいにまとめて配線出来ます。パソコンには様々なケーブルがありますが、汚いままだと見栄えも悪くエアフローの悪化等の原因にも成ります。結束バンドがあればケースのフレームに固定することもできるので、裏配線等にも役立ちます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *