Skip to content

パソコンの組み立てでトラブルになる原因を理解しよう

パソコンを組み立てていく時にあまり知られていないトラブルの原因に、静電気が存在します。

機械周りの製品には、特に周囲の環境から悪影響を受けて故障が発生するということは珍しくありません。パソコンも例外ではなく、人間が持っている電気によって故障してしまう可能性があります。自宅でパソコンを組み立ている人の中にも、素手でパーツを触っている人が非常に多いのですが、実はこういった方法は推奨されていません。仮に、このような方法で故障してしまったとしても自分で責任を取らなくてはいけませんので、注意をする必要があります。

具体的な対策としては、静電気を抑えることができるゴム手袋などをつけて組み立てていくことが基本となっています。また、パーツを触っている時に埃などがついてしまうと、それに反応して静電気が発生してしまう可能性もあります。当然ですが、埃に反応して電気が発生する時には熱も発生してしまう可能性があるため、内部が燃えてしまう可能性も否定できません。

現実的にも、起動させようとしてこういったトラブルが生じてパソコンが燃えてしまったという事例が存在します。このようなことにならないようにするためにも、最善の注意を払ってパソコンを組み立てていく必要があります。特に、このような外部の環境が影響を受けないようにして組み立てることが基本といえます。初心者の人は、面倒でも絶縁体のゴム手袋を購入して静電気が発生しない服を着ることが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *