Skip to content

使えなくなったパソコンの回収方法

情報収集や作成に欠かせないパソコンですが、電子機器であり毎日使えば消耗する物なので一部が破損すれば使用できなくなります。

使用できなくなったパソコンは放棄することになりますが、ただ昔と違って今では法律が変わり粗大ごみとして出すことは不可能になっているのです。さらに現在のパソコンはハードディスク搭載が当たり前なので、いくらパソコンが機能停止してもハードディスクが健在であれば情報を取り出すことが可能なので個人情報が抜き取られるリスクもあるのです。そのため適切な方法で回収してもらうことが必要があります。その回収方法としてはいくつか手段がありますが、その中でも安全性が高いのがやはり製造元に回収してもらうことです。

その方法としては製造元に連絡して住所を知らせて専用の段ボールを送ってもらい、その中に使えなくなったパソコンを入れて送り出します。基本的に無償ではありますが、年代によってはリサイクル表記がなされていないものもありそれを回収する場合には有償にて引き取ってもらうことになります。有償で引き取るにはお金がかかっていやだという人には、地元周辺にあるリサイクル企業に送るというのも手です。

リサイクル企業に送る場合には段ボールを送ってもらうか直接持ち運ぶことで回収してもらいます。ただリサイクル企業でお願いする場合の注意点は、無償で行う代わりにハードディスク消去をしてもらえない場合もあるということです。そのため個人除法の安全性を考えるのあれば、送る前にしっかりとハードディスクを諸居している実績のある企業を選ぶ必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *