Skip to content

パソコン回収の際のデータの取り扱いと注意する点

使わなくなったパソコンの回収を業者に依頼する際に重要なことは、信頼できる業者に依頼するということが大切です。

機器だけの処分だけでなく、記憶媒体にデータが残っている場合にはデータの流出対策を考える必要があります。壊れたハードディスクでも何らかの方法でデータを抽出または復元できる方法があります。大事なデータは個人情報帆の流失やそのほかの重要な情報が漏洩する危険もはらんでいるために、安易に依頼することは非常に危険です。モニタの故障やボードの不具合などで使用不能になった場合、記憶媒体そのものは壊れずに作動している場合もあります。

このような状態でパソコン回収を依頼することは情報漏洩のリスクが極めて高く危険です。年賀状などの住所録など件数がまとまった個人情報は、必要とする業者にとってはとても有益で高額で取引されていることもあります。自分にとって大した情報ではないと考えていても、たくさんの人に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

処分時のハードディスクの取り扱いは慎重に行うことが必要です。パソコンの回収を依頼する場合には、信頼できる業者であるか確認することと、無料で処分してもらえるからといって安易に依頼することは避けるべきです。特に記憶媒体の処置は台数にもよりますが、できるだけ物理的な処置を施すことで錠漏洩の危険は避けることができます。機密データを扱っていたハードディスクなどは特にあらかじめ取り外すか、別に処分することを考えることが重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *