Skip to content

不要パソコンを廃棄する前にちょっと一工夫を

パソコンを捨てる時は、個人情報の流出を予防しなければいけません。

肉眼では分かりませんが、パソコンの記憶媒体には大量の個人情報が詰まっており、最悪の場合、悪い考えを持った人がゴミ捨て場に置かれたパソコンを持ち帰ると、自分のライフスタイルが丸裸になります。ハードディスクにはブラウザの履歴や今まで保存していた動画や仕事のデータが記録されているため要注意です。いわゆるパソコンの「ゴミ箱」に多種多様なファイルを移動し、画面から消去すれば一応個人情報の流出対策が出来たように思えます。

しかし実際はハードディスクの分からないところに、様々なデータが保存されており、悪知恵に優れた人物の場合、復元ソフトを悪用する事で他人の個人情報が覗けてしまいます。廃棄する際は不要なファイルをただ「ゴミ箱」に移動させるだけでは不十分です。中身を廃棄後、覗かれても平気な方はそうそういないでしょう。

私的な映像や自作のデータがもしネット上に流失したら一大事ですし、仕事関連のファイルが自分のミスで廃棄後、外部に流失すれば責任問題に発展しかねません。廃棄する前に、パソコンを初期化しておけば、一般的に安全だと考えられています。工場出荷の状態まで戻す作業をしておけば、万が一他のユーザーが悪用を考えてもハードディスクの中から前所有者のデータを復元させられません。買い替えや故障で不用品を捨てる時、ちょっとひと手間かけるだけで、セキュリティは随分と向上します。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *