Skip to content

パソコン廃棄の注意点

古くなったパソコンや、故障してしまったパソコンを廃棄する場合にはいくつかの注意点があります。

一番の注意点は、パソコンに保存してあるデータの漏えいです。パソコン上で削除しても、実は画面で見えなくなっているだけで、ハードディスク上にはデータは残っています。万が一第三者がハードディスクからデータを抜き出すと中のデータはまるわかりになってしまいます。万が一個人情報や機密情報などがそれに含まれていた場合は、他に漏れてしまうことを考えなくてはいけません。

これを防止するために、アプリなどを利用してハードディスク上から完全にデータを削除する作業や、業者などに依頼しハードディスクのデータを完全に削除する必要があります。またおすすめはできませんが、物理的に破壊するという方法もあります。いずれにしてもデータ削除は自己責任になるので注意が必要です。実際に廃棄する場合は地方自治体によって廃棄方法が変わります。

また、モニターやキーボードなど部品によって廃棄方法やどのくらいの金額がかかるかが変わってきます。PCリサイクルマークがついている場合はメーカーによる回収は無償になっているのでそちらは確認してみてください。PCリサイクルマークがついてない場合は有償になります。以上のことが、パソコンを廃棄する際に注意点になります。特にハードディスク内の個人情報に関しては注意が必要です。面倒でも必ずデータは削除するようにしましょう。
パソコンの組み立てのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *